コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いとは?

今回はコラーゲンコラーゲンペプチドの違いについて書きます。

これを読めば、両者の違いがわかり、美容にはどんな状態のコラーゲンを摂取すれば良いのかわかります。

コラーゲンとコラーゲンペプチドは同じのものだと思っているそこの貴方はぜひこの記事を読んでください!

コラーゲンとは

コラーゲンとは、具体例を出すと煮こごりになります。

魚のアラや手羽先などの骨や皮つきの肉などを煮ると皮や骨が熱によって変形し、溶け出てきます。それが冷えて固まってぷるぷるとした煮こごりができます。それこそがコラーゲンなのです。

手羽先

コラーゲンは三重のらせんの構造をしており、三本の鎖がコイルのように巻いているような形をしているのです。

鎖はタンパク質を構成している最小の単位であるアミノ酸でできています。

それならば、煮こごりを摂取すれば、コラーゲンが摂取できていいじゃないかということになりますが、毎日肉や魚の骨、皮を食べ続けるのはなかなか難しいです。また、消化吸収もよくありません。

そこで消化吸収しやすい形にと加工されたのがゼラチンです。

ゼラチンとは

ゼラチンとは、動物のカラダの中にある生の状態のコラーゲンを加熱して抽出・精製したものです。

コラーゲンの強固な三重らせん構造が熱によってゆるやかにほどけるため、生のコラーゲンよりも消化されやすいです。

ゼラチンは水に対してはコラーゲンと同様に溶けにくいものの分子量が小さくなる分、温水にはよく溶けます。

ゼリーを作るときに熱湯で溶かし、冷やすのもゼラチンの性質を利用しているのですね。

溶けたものが冷えるとゼラチンはコラーゲンのような3重らせん構造に戻ろうとします。ぷるぷるのゲル状になったり、ゼリーのように固まったりするのはそのためです。

ゼリー

コラーゲンペプチドとは

ゼラチンをさらに酵素を使って分解し、低分子化させて精製し、水にも溶けるようにしたのがコラーゲンペプチドです。ゼラチンと同様、原料は動物性タンパク質で、豚や牛の皮や骨、魚の皮やうろこが使われています。

豚

コラーゲンペプチドはゼラチンよりもさらに分子量が小さくなるため、水によく溶け、冷やしても固まるようなことはありません。生のコラーゲンやゼラチンよりも多くの量を食べやすく、体への吸収性も高くなっています。

コラーゲンの大きさの比較

コラーゲン>ゼラチン>コラーゲンペプチド>アミノ酸

になります。コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いは分子の大きさと吸収のしやすさに違いがあります。

コラーゲンドリンクなんてどれも同じだと思っていませんか?

コラーゲンペプチドが肌に良いことはわかりました。

 

ただ、コラーゲンドリンクは独特の味がして苦手という方も多いのではないでしょうか?

私も多くのコラーゲンドリンク(資○堂や富○フイルム等)を飲んできましたが、ぶっちゃけてしまうと味が少し苦手でした。

でも、この森永のコラーゲンドリンクは違いました!

味がさっぱりしていて飲みやすいのです。

森永は有名なお菓子メーカーですよね。

その森永がコラーゲン独特の臭みやとろみを独自の研究と森永製菓のお菓子作りのノウハウを生かしておいしさに変えているそうです。

さらに無菌充填パックなのでおいしさが活きていると共に、未開封の場合は常温で保存ができてしまいます。

冷蔵庫の場所を取らなくても良いのが嬉しいですよね。

せっかく飲むならおいしい方が続けやすいですよね。

この森永のコラーゲンドリンクですが、初回だとなんと1,000円で12本飲めてしまいます。

さらに今は2本おまけになっているので、14本飲めてしまいます。これは他のコラーゲンドリンクに比べてとってもお得です。

この機会を逃すともったいないですよ。

こちらのページから購入することができます。

森永製菓 おいしいコラーゲン

参考文献:真野博、『コラーゲン完全バイブル』、2011、株式会社幻冬舎

Follow me!